テツリュウトレーディング

FXで勝ち残る為に

FXで高額の含み損を抱えてしまった時はどうするべきか

最初は軽い気持ちでエントリーし、含み損がなかなか解消されない中で早すぎる難平を繰り返し、どんどん含み損の金額が膨れ上がって行く・・・。含み損の多くはいずれは建値に戻るので「今回も大丈夫だろう」と思って戻りを待っていましたが、一向に戻る気配が無く、レートが建値から非常に大きく乖離してしまい建値に戻るのは絶望的に見える状態となり、不安と焦りで日々強いストレスに晒されて含み損の事ばかりが気になってFXのみならず他の事もまともな判断が出来なくなる。

この様な経験はFXトレーダーであれば誰もが通る道でしょう。あなたは含み損を抱えてしまった時はどの様な対処をしておられるでしょうか。今回はFXで高額の含み損となった時の対処法を考察します。短絡的な「損切りしましょう」ではなく【極力損失を出さずに含み損を0にする】を目指す方法をお教えします

 

 【含み損を抱える原因と対策】

まず何故含み損が膨れ上がってしまうのかを考察しましょう。これを理解して対策しなければ、何とか助かったとしてもいずれはまた高額の含み損に苦しむ時が来てしまいます。

【人は本能的に損失確定を遅らせる】

 一部の人間の後天的特徴では無く、人間全般の先天的特徴として【嫌な事は直ぐに実行するのを躊躇う。可能であれば極力避ける】という特徴があります。また、人は何を好むかは人それぞれでも【嫌な事は皆同じ】という傾向があります。FXにおいて嫌な事とは損失確定です。以上の事実から「自分だけは大丈夫」と思わず多かれ少なかれ必ず自分にも当てはまっているので対策は必須とお考え下さい。

【対策方法】

予め【損切りせずに勝つ事に特化した戦法】にするのか【躊躇無く積極的に損切りする】のかをはっきり決めておきましょう。そうする事で合理的に勝利を目指せるだけでなく、気持ちの面でも含み損を切るべき時は潔く切る、若しくは切らずに保有し続けても毅然としていられる様になります。【損切りせずに勝つ事に特化した戦法】の解説は以下の記事をご覧下さい。

tetsuryu.com

 【損切りするなら利益と相殺する】

認知の歪みを無くす為に新規でポジションをとる際は含み損となっているポジションの建値やポジションの方向(買いか売りか)は一旦無視しましょう。「いずれこの含み損は全て解消されるのだから短期的に上がろうが下がろうが関係ない」とお考え下さい。現在保有しているポジションを度外視した上でここからレートが上がるのか下がるを分析し、利益が出たら利益確定の範囲内で損切するのがお勧めです。例えば「今日の合計損益が+10000円の場合は損切は10000円以下とする」といった具合です。スリッページが発生して損切金額が10000円を超えてしまうと超えた金額が僅かであっても気持ちの面で不愉快でしょうから9000円以下としても良いでしょう。どのポジションから損切するかに関しましては、現在のレートから最も大きく乖離している含み損のポジションから優先的に損切するのがお勧めです。そうする事でトータル損益をプラスに保ちながら含み損のポジションの建値を現在のレートに近づける事が出来て今後の対処が比較的楽になります。

 

【含み損のポジションを別の通貨ペアに移行する】

ここで言うポジションの移行とは、現在保有しているポジションを損切して別の通貨ペアで損切りした通貨ペアの保有に必要であった証拠金と同程度の証拠金を必要とするポジション数量でポジションを保有する事を指します。あなたが保有しておられる含み損のポジションはどの通貨ペアでしょうか。通貨ペアによって「値動きの特徴・スワップ・レート」が違います。含み損に耐えるなら耐えるのに適した通貨ペアを選びましょう。最もお勧めの通貨ペアはドル円です。単純に高額の損切りをするのは大変苦痛で出来なくても「今のポジションを別の通貨ペアに持ち替える」と考えれば一旦損切する事が出来るでしょう。

【値動きの特徴】

値動きの特徴の把握が最も重要です。まず日足以上の長い時間軸で見てその通貨ペアが「レンジ・上昇トレンド・下降トレンド」のどれが一番多いかを把握しましょう。【損切りせずに勝つ事に特化した戦法】でトレードされる方はレンジ相場が多い通貨ペアがお勧めです。【躊躇無く積極的に損切りする】でトレードされる方はトレンド相場が多い通貨ペアがお勧めですが、何処かで所謂「魔が差す」が生じてしまって天井値での買いや底値での売りを入れて損切りを躊躇してしまって絶望的に含み損が膨れ上がるのがご心配でしたらトレンド相場が多い通貨ペアをお選びになっても良いでしょう。

次にその通貨ペアの取引量の多さを確認しましょう。取引量が多くレートが安定している通貨ペアが建値に戻り易く含み損が含み益になり易い通貨ペアです。確認方法は「ローソク足のヒゲの発生頻度」「ボリンジャーバンドの拡散・収縮の発生頻度及び発生してから収まるまでの期間の長さ」「ボリンジャーバンドの±3シグマを抜ける頻度及び抜けた時の移動平均線(20)からのレートの乖離の大きさ」をご覧下さい。

取引量が多くレートが安定している通貨ペアは以下の特徴があります。

①ローソク足のヒゲの発生頻度が少ない。特に長期足で見た時の発生頻度が少ない。

②突然非常に大きくレートが動いて動く前のレートになかなか戻らないという事態になり難い。つまり「ボリンジャーバンドの拡散・収縮の発生頻度が少なめで発生しても収まるまでの期間が短い」という事です。

③ボリンジャーバンドの±3シグマを抜ける頻度が少なく、抜けた時の移動平均線(20)からのレートの乖離が小さめ。特に長期足で見た場合。

以上の条件を満たしている典型的な通貨ペアはドル円です。

【スワップポイント】

長期間含み損に耐えるならスワップポイントが「プラスかマイナスか」「多いか少ないか」は無視出来ない要素となります。高額のスワップを貰い続ける事が出来るのは一見魅力的ですが、その条件の通貨の価値は長期的に見ると下落基調である事が多いです。つまり余程良いタイミングでエントリー出来た場合でなければ買いポジションを保有して含み益になるのを待つのには向きません。かと言って長期的にマイナススワップが発生し続けるのも辛いものです。スワップよりもまず値動きの特徴の観点から通貨ペアを選びましょう。その上でマイナススワップによって大きな損失を被る事が無い様にポジションをとりましょう。具体的には取引通貨ペアはドル円を選び、割安且つ下降トレンドではない時に買いポジションをとるのがお勧めです。かなりの割高で明確に高値を切り下げている時であれば売りでポジションをとっても良いでしょう。

【レート】

 レートが高いと必要証拠金が高額になる事に加え、レートの変動幅が大きくなる傾向があります。つまり含み損の金額が増え易く、含み損の維持に沢山の証拠金が必要となります。これを聞くと「という事はレートがなるべく低い通貨ペアを選ぶべきなのか」とお考えになるかもしれません。ですがレートが非常に低い通貨ペアだと殆どレートが動かずいつまで経っても損失を取り返せないという事態になり易いのです。レートが大き過ぎない通貨ペアの中で動く頻度が多い通貨ペアを選ぶのがお勧めです。具体的にはドル円です。敢えてレートが低い通貨ペアを選ぶのであればメキシコペソ円での買いポジションがお勧めです。高金利通貨としては数少ない長期的に見て下落基調になっていない通貨ペアであり、スプレッドが非常に狭く、レートがメジャー通貨ペアと比較すると殆ど動きません。この条件ならスワップ狙いとしては最適です。気を付けるべき点としてはレートが非常に低いが故に大量のポジションを保有出来てしまう事です。これはスワップが大量に貰えるメリットであると共に、ほんの少しのレートの変動でも含み損が急速に増えてしまうデメリットでもあります。また、極端にポジション数量が多いとFX業者が注文を受け付けてくれない場合があります。取引量が少ない通貨ペア程大量の注文が通り難い傾向があります。メキシコペソ円はドル円等のメジャー通貨ペアと比べると取引量が少ない通貨ペアです。エントリーの注文が約定しないだけならともかく、こちらの不利な方向へ急速にレートが動いている最中に注文が約定しないとなると大変です。メキシコペソ円に限った事ではありませんが、ポジションの持ち過ぎには注意しましょう。

【まとめ】

自分の投資戦略をはっきりさせる。含み損に耐え易い通貨ペアに絞る(ドル円)。利益が出たらその範囲内で建値からの乖離が大きい含み損から先に損切りする。

 以上の点を守れば自棄なって無計画な損切をして結果的にやる必要の無い損切りで大損して「後悔先に立たず」になる事を避けれるでしょう。

 

 

#この記事は筆者(tetsuryu)の独自解釈であり内容の正確性を保証するものではありません。