テツリュウトレーディング

FXで勝ち残る為に

週間為替予想 10/18~10/22

10/18~10/22の為替レートの予想変動幅や、通貨ペア毎の具体的な新規・利食い・損切りのお勧めレートを紹介します。

週間為替予想 10/11~10/15

10/11~10/15の為替レートの予想変動幅や、通貨ペア毎の具体的な新規・利食い・損切りのお勧めレートを紹介します。

週間為替予想 10/4~10/8

10/4~10/8の為替レートの予想変動幅や、通貨ペア毎の具体的な新規・利食い・損切りのお勧めレートを紹介します。

逆指値は何故滑るのか どういうFX業者なら滑り難いのか

逆指値が滑る理由の解説、逆指値が滑り難いFX業者の選び方、逆指値が滑り難い具体的なFX業者をお教えします。

週間為替予想 9/27~10/1

9/27~10/1の為替レートの予想変動幅や、通貨ペア毎の具体的な新規・利食い・損切のお勧めレートを紹介します。

テクニカル分析は何を分析しているのか

皆さんはテクニカル分析をどの様に活用しておられるでしょうか。「ゴールデンクロスが発生したら買い」「デッドクロスが発生したら売り」といった様に一般的なトレードシグナルでトレードしておられる方が珍しくないでしょう。しかし訳も分からずただ一般的…

お勧めのFX業者その4 GMOクリック証券

GMOクリック証券 GMOクリック証券には【FXネオ】と【くりっく365】があります。この記事は【FXネオ】の解説です。 【FX取引高世界一】 【大口注文でも高い約定力を維持】 【業界最高水準スワップ】 【強制ロスカット水準が低い】 【スプレッドが広がり難い】…

お勧めのFX業者その3 みんなのFX

みんなのFX 【スワップポイントが優秀】 【取引をサポートする充実した情報ツール】 【TradingViewが使える】 【全通貨ペアのスプレッドが狭い】 【マイナー通貨ペアも豊富に取り扱い】 【MAX方式採用】 【取引アプリが軽くサクサク動く】 【こんな方にお勧…

FXで高額の含み損を抱えてしまった時はどうするべきか

最初は軽い気持ちでエントリーし、含み損がなかなか解消されない中で早すぎる難平を繰り返し、どんどん含み損の金額が膨れ上がって行く・・・。含み損の多くはいずれは建値に戻るので「今回も大丈夫だろう」と思って戻りを待っていましたが、一向に戻る気配…

FXの時間割 時間帯によってこう動く

あなたはFXトレードをする際にどの時間帯でも同じ手法でトレードしていないでしょうか。FXは時間帯によって値動きに特徴があり、ある時間帯で通用した手法が別の時間帯で通用するとは限りません。値動きの幅、節目に到達した時の反転のし易さ、ブレイクアウ…

FXは損切りせずに勝てるのか? 損切りしない戦法の考察

FXを長く続けておられる方であれば以下の様な経験をされた方が多いのではないでしょうか。 「一時的に大きな含み損になってしまいましたが、最終的には利食いで終わらせる事が出来ました。」 「含み損がなかなか解消されず、諦めて損切りしました。しかしそ…

お勧めのFX業者その2 JFX

スキャルピングを歓迎しているFX業者です。狭いスプレッドと高い約定力を両立。MT4利用可能。毎月欠かさず充実したキャンペーンを実施。

スキャルピングの利食いと損切りの幅の考え方

【エントリータイミングはチャートを見て分析する】 【利食いはトレンドの波の幅の範囲内で行う】 【損切りはチャートより資金管理の概念で行う】 【利食いと損切りの幅の計算】 【自分が想定する決済の値幅を実際の値幅と一致させる】 【 スキャルピングメ…

お勧めのFX業者その1 ヒロセ通商

ヒロセ通商のLIONFX 【ヒロセ通商の強み】 【高約定力と低スプレッドを両立】 【50種類もの通貨ペアを取り扱い】 【豊富なキャンペーン】 【小林芳彦のマーケットナビ】 【カバー先金融機関が多い】 【クイック入金が約380行の金融機関で利用可能】 【こんな…

ボリンジャーバンドの使い方講座その4 バンドウォーク

【バンドウォークとは】 【上昇バンドウォークなら買い】 【下降バンドウォークなら売り】 【バンドウォーク中の注意点】 【逆張りは避ける】 【バンドの幅の縮小は撤退のサイン】 【安易な押し戻り狙いは危険】 【バンドウォークとは】 ボリンジャーバンド…

通貨ペアの選び方とおすすめ通貨ペアの特徴を紹介

選ぶべき通貨ペアの条件は、値動きの頻度が多く、値幅もそれなりにあり、スプレッドも狭い。お勧めはドル円・ユーロ円・ポンド円・ユーロドル・ポンドドルです。

ドル円の詳しいトレード戦略

アメリカの動向を確認して大きな流れを把握し、押し戻りを拾って早めに利食い、積み重ねた利益の範囲内での損切。ドカンを避けつつコツコツを基本としましょう。

ユーロドルの詳しいトレード戦略

ユーロドル EUR/USD 【特徴1 19カ国の共同通貨】 【特徴2 全ての通貨ペアの中で最も取引量が多く、値動きの頻度が多い。特にロンドン時間とNY時間が重なる時間帯は値動きの頻度が非常に多い】 【特徴3 トレンドが継続し易い】 【特徴4 ドルが下落すると…

ポンドドルの詳しいトレード戦略

ポンドドル GBP/USD 【特徴1 東京時間は比較的おとなしい】 【特徴2 値動きが非常に荒い。特に欧州時間とNY時間では全通貨ペア最大の値幅】 【特徴3 一度方向性が決まると、長時間強烈に動き続ける事がある。特に欧州時間とNY時間】 【特徴4 欧州時間とN…

ユーロ円の詳しいトレード戦略

ユーロ円 EUR/JPY 【特徴1 19カ国の共同通貨】 【特徴2 値動きの幅がドル円より大きく、ポンド円より小さい傾向】 【特徴3 値動きに勢いが出やすい】 【特徴4 ドル円が下落しても他のクロス円より下落しにくい】 【まとめ】 【特徴1 19カ国の共同通貨】…

ポンド円の詳しいトレード戦略

ポンド円 GBP/JPY 【特徴1 メジャー通貨ペアとしてはスプレッドが広め】 【特徴2 値動きが非常に荒い。クロス円の中では値幅が最も大きい】 【特徴3 一度方向性が決まると、長時間強烈に動き続ける事がある】 【特徴4 欧州時間とNY時間は大暴れ】 【まと…

仲値トレードで勝利を掴む

【仲値とは?】 【仲値の変更】 【何故仲値を決めるのか?】 【主な買い手は誰か?どういう思惑で買うのか?】 【主な売り手は誰か?どういう思惑で売るのか?】 【仲値の時間帯で稼ぐ具体的な方法(対円通貨ペア)】 【パターン① レートが堅調な推移を続け…

ストキャスティクスの使い方講座その2 トレンド発生中の押し戻り狙い

【上昇トレンドでの押し目買い】 【下降トレンドでの戻り売り】 【上昇トレンドでの押し目買い】 移動平均線(20)が右肩上がりの時にロウソク足が下落した際、前回下落した時よりロウソク足の位置が上ですがストキャスティクスの位置が下の場合にロウソク足と…

ポジションの偏りを把握しよう

ポジションが買いに偏っている場合は、上がっても利益確定の売りに押され易いので売り手の損失は小さくて済む事が多く、下がった場合は多数の損切を巻き込んで急落する可能性が高いので、売り手の方が有利です。

ストキャスティクスの使い方講座その1 ダイバージェンスからのブレイクアウトで順張り

【ストキャスティクスとは】 【%K、%Dとは?】 【ブレイクアウトで順張り】 【ストキャスティクスとは】 買われすぎ・売られすぎを示す指標。%K・%Dを使用するストキャスティクスをファストストキャスティクスと言います。当ストキャスティクスの使い方講座…

ボリンジャーバンドの使い方講座その3 移動平均線の傾きを見て順張り

【移動平均線が上向きなら買いメインで】 【移動平均線が下向きなら売りメインで】 【確度を高めるコツ】 【移動平均線が上向きなら買いメインで】 【以下の場合は買い推奨】① 移動平均線が上向きの状態でローソク足が移動平均線に向かって下落するが、交差…

ボリンジャーバンドの使い方講座その2 縮小からの拡散で順張り

【±3シグマの幅で値動きの大きさを把握】 【縮小した後の拡散はトレンドが出やすい】 【こんな時は様子見で】 【±3シグマの幅で値動きの大きさを把握】 ボリンジャーバンドの形状を見るとシグマが広がったり狭まったりしている事が見て取れます。広がって…

ボリンジャーバンドの使い方講座その1  ±3シグマを抜けたら逆張り

【ボリンジャーバンドとは?】 【±3シグマを抜けたら逆張り】 【トレンド発生時は逆張りを避ける】 【ボリンジャーバンドとは?】 移動平均線をベースとしたこの範囲内にレートが収まる可能性が高いという事を計算した線です。推奨設定数値は20です。 中央…

FXのリスクについて

【FXのリスクについて】FXは元本や利益を保証した金融商品ではありません。為替レートの変動やマイナススワップによって損失発生の危険性があります。急激な為替レートの変動や、レートの配信停止、スプレッドの拡大等により注文が指定レートや強制ロスカッ…

免責事項

【免責事項】 当サイトのFXに関する情報は、全て筆者の個人の見解です。 投資の断定的判断を促すものではありません。FX取引を行う際は、ご自身の責任と判断により取引を行っていただきますようお願い致します。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可…