テツリュウトレーディング

FXで勝ち残る為に

ストキャスティクスの使い方講座その2 トレンド発生中の押し戻り狙い

 

【上昇トレンドでの押し目買い】


移動平均線(20)が右肩上がりの時にロウソク足が下落した際、前回下落した時よりロウソク足の位置が上ですがストキャスティクスの位置が下の場合にロウソク足とストキャスティクスが上昇し始めた時に買い。

 下の画像の左の黒〇と右の黒〇の位置をご覧下さい。右の黒〇の方が僅かに下です。

次に2本の黒い縦線をご覧下さい。この線は黒〇で囲んだストキャスティクスの位置と同じ位置のロウソク足を繋いだ線です。左のロウソク足より右のロウソク足の方が上です。

更に移動平均線が右肩上がりです。

これらの条件が揃った時にロウソク足とストキャスティクスの上昇が確認出来たら買い推奨です。

別の言い方をするのであれば上昇トレンド中にロウソク足が安値を切り上げ、ストキャスティクスが安値を更新した後にロウソク足とストキャスティクスが上昇すれば買いです。

f:id:tetsuryu:20210719224001p:plain

TradingView提供のチャート
 

【下降トレンドでの戻り売り】


移動平均線(20)が右肩下がりの時にロウソク足が上昇した際、前回上昇した時よりロウソク足の位置が下ですがストキャスティクスの位置が上の場合にロウソク足とストキャスティクスが下落し始めた時に売り。

【上昇トレンドでの押し目買い】の逆パターンです。下降トレンド中にロウソク足が高値を切り下げ、ストキャスティクスが高値を更新した後にロウソク足とストキャスティクスが下落すれば売りです。

f:id:tetsuryu:20210722130635p:plain

TradingView提供のチャート



 

 

#この記事は筆者(tetsuryu)の独自解釈であり内容の正確性を保証するものではありません。